ジィチャン

病院嫌いで、病気が発覚してからも診察や入院をキャンセルし続けてきたジィチャン。

やっと入院して安心していたら、『やっぱり帰りたい…』と退院してしまいました。

結局、在宅も長続きせずにGW初日の4月29日に痛みを訴えて再入院。

日に日に小さくなっていく姿を見ると、お別れが近付いていることを実感させられますね。
先週土曜日には主治医から余命は数日単位、持っても2週間との宣告。

会いに行けるときは少しの時間でも行こう…
毎日誰かがジィチャンの病室に来ていました。

今日、午前中のわずかな時間ですがジィチャンに会いに行ってきました。

痛みを我慢しているのか、静かに深い呼吸をしていました。

ベッドの横に座り、手を握って一方的に話かけるだけでしたが、会えてよかったです。


本日18時前に亡くなりました。

ジィチャンとのお別れは寂しいけど、もう痛みを我慢することもないもんね。
これでゆっくり休めるね。

今まで長い間、本当にお疲れさまでした。

ジィチャンの孫でよかったよ。
今までありがとう(^-^)



明日は通夜、明後日は葬儀…
何かとバタバタしそうです。

初孫で一番可愛がってもらった分、しっかりお手伝いをしてこようと思います。

最後まで、長々とした独り言におつきあいいただきありがとうございました。
[PR]